2 x 4 : アメリカで一番の感動

2x4の建築

アメリカから戻って2週間ちょい。
今更アメリカネタでごめんなさい、ですが、やっぱり記しておきたくて。
というより、これが一番強烈な印象だったんでしょ??って自分に問い直したのです。
アメリカで本当にたくさんの刺激をもらったのですが、
一番大きな刺激は、「2 x 4」だったのです。

「2 x 4」(ツーバイフォー)って今ではホームセンターで低価格で手に入る材ですが、
これが日本のホームセンターで簡単に買えるようになったときは、
何かと”「2 x 4」で日曜大工”みたいなブームがあったように記憶しています。

その「2 x 4」の本場、アメリカです。
Heystack Mountain Schoolのキャンパスはこの「2 x 4」規格材でできているのです。
デッキから、階段から、建物から、ベンチやら何から何まで、「2 x 4」。
古く傷んできたら、その部分だけ新しいもので交換して。
すんごいおしゃれだったHeystackディレクターのスチュの家でも、
作業台とかは「2 x 4」でできていました。

見せなくてもいいところ、洒落っ気の必要ないところは
「2 x 4」でサクッと作っちゃえばいいんだ。
これでいいんだ。ややこしいことはなしで、こんなんでいいんだ。
そして、これがいいんだ。
そういう新しい発見。

木工を習ってから、ここはこうでなきゃいけない、これはこうあるべきだ、と
結構考えがカチカチに固まってるよなぁ、と自分でも思っていたのですが、
アメリカで一番学んだこと、それは、「これでいいんだ。」というところ。
それを「2 x 4」の使い方から感じました。

これからはいろいろ「2 x 4」でDIYやっていこうかな。
仕事で立派な家具作って、息抜きで「2 x 4」DIYってのもいいですね。
まずは、ウッドデッキをつくりましょー^^
それにしてもこれだけ円高なんだから、もっと破格で売ってくれてもいいのになぁ。

では^^

アメリカ木工留学報告会

Heystack Mountain School

今日、森林たくみ塾にて、アメリカ木工留学の報告会をしました。

Heystack Mountain Schoolのこと、
工房のこと、製作のこと、アメリカの木工のこと、
シェーカービレッジのこと、僕が感じたこと、
700枚の写真を整理して約500枚ほど、
たくさんの写真を見て具体的なイメージをしてもらいながら
話しました。

1時間半、たくさんしゃべったので、
聞いているほうもおなかいっぱいだったかもしれませんが、
終わった後の自由時間では、僕が持って行った専門書や手道具など、
興味津津の様子でした。

たくみ塾の2年間はたくさん吸収することがありますが、
そこから外へ飛び出した時は、結構不安だらけです。
だからこそ卒業生がしっかり話を伝えていくことは重要だと思っています。

アメリカの話もそう、僕のこれからの活動もそう、
少しでも後に続く人たちが前を向いていられるように、
僕が前を向いて、進んで、声を出して伝えていきたいと思います。
不器用ながらにも。

がんばります^^

期待を胸に

ポートランドの海

Hancock Shaker Villageをお昼に出発し、いざボストンへ。
昨日走ってきたI-90をひたすら東へ走り、
2時間ちょいでボストン近郊のWoburnへ来ました。
最後は、Woodcraftという木工専門ショップによりました。
アメリカはこういう専門ショップがあるんでいいですよね。
閉店時間ぎりぎりまでたぶん2時間ぐらいずっと物色し、
お目当てのグッズを全て買うことはできませんでしたが、
充実の品ぞろえでした。

さ、帰国です。

約3週間ほどのアメリカの木工の旅。
ボストンに始まり、Haystackの2週間、ポートランドとシェーカービレッジめぐり。
たくさんの出会いと、刺激をもらいました。
この経験を生かし、これからの暮らし、仕事に精をだして行こうと思います。

Hancock Shaker Village

Hancock Shaker Village

Hancock Shaker Villageに行きました。
Sabbathdayと違い、
こちらはシェーカー博物館として旅行者にシェーカーの文化を伝えるための施設なので、
かつてのシェーカー村がそのまま保存されており、
どの建物も入っていいし、いろんなワークショップがあるし、
観光スポットとして充実の内容です。

朝10時オープンと同時に$17支払い、入園。
建物と言う建物をまわり、シェーカーチェアの作り方を体験したり、
オーバルボックスの製造を見たり、とても楽しい^^
水力を動力としていろんな機械を動かしてたなんてなんと頭のよろしいこと。

建物の中は、当時のシェーカー教徒たちの生活が再現されているので、
家具や生活道具が当時のようにおいてあります。
ほんとうにシンプル。シンプルであるからこそ美しいという美学があります。

ボストンに戻らなきゃいけなかったので、
2時間もいれず、Hancock Shaker Villageを後にしましたが、
とても満足でした。

マサチューセッツ州 ピッツフィールドへ

アメリカ ハイウェイ

Sabbathday Shaker Villageがちょっぴり残念な結果になってしまいましたが、
まだShaker Villageはあるのだ!ということで、
マサチューセッツ州のHancock Shaker Villageへ向かいます。
メイン州ポートランドから400km以上のロングドライブです。

大体4時間5時間で着くでしょう、ということで11時ごろ出発です。

延々と続く森、いきなり出現する街、
ところどころで心を和ませてくれる川や湖、
とにかくじっと我慢の大渋滞、
アメリカはやっぱでけーなーと思わせてくれるサービスエリアでみた超肥満の夫婦、
おおっきなキャンピングカーにつながれて走る塗装がぼろぼろの古いビートル、
ところどころで隠れてスピード違反を狙っているポリス、
これは日本で売ったら売れるだろうなぁと思わせてくれるToyota Venza、
ひたすらまっすぐ伸びるハイウェイ、
やっぱりアメリカはアメリカですね。

うん、でかいです。

てなかんじで、7時間ほどかけてピッツフィールドに到着しました。
渋滞ひどすぎです。

明日は、アメリカ最終日。
Hancock Shaker Villageへ行き、その後ボストン方面へ戻ります。

Sabbathday Shaker Village

Sabbathday Shaker Village

朝、朝食を食べてからジェイミーに空港まで送ってもらいました。
飛行機ではなくレンタカーです。
ここでお世話になったジェイミーとお別れです。

レンタカーはダッジのナイトロ。
ダッジのデザインが好きではなく、
ナイトロのデザインはその中で一番避けたい部類に入るのですが、
まさかレンタカーで乗る羽目になるとは。。。

さて、そんなことはどうでもよく、
何年ぶりになるんだろアメリカでのドライブは。
日本の運転に慣れてしまっているので、とにかく慎重を心がけて、
ポートランドから北へI-95を登り、
1時間もかからずSabbathday Shaker Villageに着きました。

ここはアメリカでも唯一シェーカー教徒が現在も住んでいる場所です。
そのため、ほとんどが立ち入り禁止で、ガイドツアーしか中へ入れません。
それ以外は、受付の建物かショップしか立ち入りが許されていないのです。

実は金曜日にHaystackから直接行く予定をしていて、
Haystackのスチュが知り合いがいるからといって、連絡をとっていてくれたのですが、
ポートランドに着いたのが夕方5時過ぎだったので、いけなかったのです。
受付のおばちゃんに、「もしかして昨日来る予定だった日本の子?」ときかれ、
昨日、いろいろ準備してたんだよーって言われました。。。
あいにく今日は、イベントで忙しくて対応してられない、といわれ、がっくり。。
でもミュージアムのチケットをこそっとくれたので、
サバスデイの歴史をちょっぴり勉強できました。

ガイドツアーは75分で、
僕は今日中にマサチューセッツの最西端まで行かなくちゃいけないため、断念しました。

ということで、Sabbathday Shaker Villageはちょっと残念な結果に終わりました。

Jamie Johnston宅

ジェイミージョンストン

Haystackでインストラクターとして2週間お世話になった
木工家Jamie Johnstonのポートランドの自宅に一泊させてもらいました。
奥さんのサンドラもHaystackで絵画のコースを受講していて、
一緒にギャラリー巡りをしたりしていたので、顔見知りです。
2人ともほんとフランクで、良い人なんです。

夕方家に着いて早速工房を見せてもらったり、ポートランドの街を案内してもらったり。
ポートランドのダウンタウンの復活の話は、非常に勉強になりました。
岐阜の柳ヶ瀬に応用できるかな。できないかな。
それはこれからの活動次第です。

夜は、日本食に飢えてるだろって、わざわざお寿司を用意してくれて、
木工のこと、これからのこと、家族のこと、日本のこと、
いろいろ話しました。

たった一泊だったけど、ものすごく絆が深まったように感じます。
またいつでも来いよって言ってくれる人が、
しかも木工家であり、人生の大先輩である人が、
アメリカ メイン州のポートランドにいる、ということがかけがえのない宝です。

Lie-Nielsen

Lie-Nielsen

Lie-Nielsenはアメリカ メイン州の手工具メーカーで、
非常にいい道具を作っています。
といっても、僕はもともとから知っていたわけではありません。
たくみ塾のスタッフに以前ちらりと聞いたことはありましたが、
そのときはあまり興味がなく記憶には残りませんでした。

そんなLie-Nielsenのよさを教えてくれたのは、
Haystackの木工クラスのアシスタントのジョンでした。
Lie-Nielsenののみを見せてくれたのです。
分厚い皮のケースに5本ほど納められていました。
日本ののみとは少し違いますが、非常に美しい。
そのデザインに魅せられたのです。

せっかくメイン州にいるんだから、なにか買っていこうかな。
のみや鉋は日本の物を持っているから、Spokeshaveでも買っていこう^^

ということで、Portlandに行く途中に、ちょっと回り道だけど、
Lie-Nielsenのショールームに寄ってもらいました。
いくつか試し削りをさせてもらい、
10%ディスカウントで$130ほどでSpokeshaveゲット^^
(買ったやつはこれ)

ひっきりなしに人がやってくるショールーム。
こんなメイン州の田舎町にこれだけ人が出入りするんだから、
よっぽど人気なんだな、と思います。

最後の週末は、シェーカー



さて、Haystackが終わってから飛行機まで3日ほどあります。
まず金曜日夜は、
インストラクターのジェイミーの家に泊めてもらえることになりました。
プロの木工家でもあるジェイミーの自宅兼工房に興味津々です。
彼の家まではクラスメートのテリーに送ってもらえることになりました。
その途中、Lie-Nielsenのショールームに寄ってもらいます。
Lie-Nielsenはアメリカ メイン州の手工具のメーカーで、
非常にいい手工具を作っています。デザインもかっこいい。高いですが。
Spokeshave(日本で言う南京鉋)を買おうかなと思っています。

また、今回のアメリカのもう一つの目的、
シェイカービレッジも行こうと思っています。
メイン州には、
現在もシェイカー教徒が住んでいる唯一のシェイカービレッジがあります。
Sabathday Lake Shaker Village。
土曜日は、レンタカーでマサチューセッツ州のHancock Shaker Villageに行きます。
7,8年ぶりのアメリカのドライブなのでかなりドキドキですが、
5時間ほどのドライブを楽しみたいと思います。

そんな感じで、最後の最後までぎっしりです。

Haystack 最後のイベント オークション

Haystack オークション

Haystack最終日となりました。
最後の最後のビッグイベントは、オークションです。
生徒、インストラクター、アシスタントは希望すれば、
作った作品をオークションで売ることができます。
オークションには生徒を始め、学校関係者、一般の人たちが参加し、
その売り上げは、Haystackに寄付され、未来の生徒の奨学金として使われます。

木工のコースからは、インストラクターのジェイミーのスツール、
アシスタントのジョンのテーブル(これがすごい!)、
そして、僕のイスとサイドテーブルが出品されました。

夜8時、持ち込まれた作品がずらりと並び、いよいよオークションです!
割と本格的なオークションで、ものすごい緊張します。
そして何十とある作品の中、3番目にいきなり僕のイス、サイドテーブルが登場しました。
目の前で値段がつけられることに対し、正直、生きた居心地がしない。

Haystackのディレクター、スチュから
僕が日本から来た経緯、ここで作った作品の紹介があり、早速開始です。
$500からはじまり、$600、$700とぽんぽんと値段が跳ね上がります。
ちょっと間があってから、$800、$900とあがり、
ここで決まりかと思った瞬間、$1000の声が上がり、落札となりました。
会場は大盛り上がり!
僕は緊張と興奮のあまりふるえが止まりませんでした。

結局、$1000は今回のオークションでの最高落札額となり、
終わった後は、とにかくいろんな人にまた「すごい!すごい!」と。

買ったくれた夫婦の奥様は、Haystackの創始者の姪であり、
僕がここに来れることになった基金の創始者の姪でもある方でした。
とても素敵なご夫妻で、こんな方に使ってもらえることに感謝です。
自分のデザインで自分で作ったものが、
お金を払われて友人以外のお客様のもとへ行く初めて経験でした。

ということで、
無事、オークションも終わり、明日はHaystackを去ることになります。
いろんな人と出会い、いろんな人に支えられていることを知り、
いろんな人から笑顔と刺激をもらい、非常にいい経験をすることができました。

ありがとう。


selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.