淡墨桜の春

桜の芽生え
岐阜県根尾にある国の天然記念物として有名な樹齢1500年の淡墨桜。
本当にその子孫かどうかわかりませんが、昨年淡墨桜を見に行った際に買った苗木。

昨年、夏はアブラムシやカイガラムシに浸食され、
ピンチな状態に陥ったまま冬に突入したのですが、
1月終わりごろから蕾が膨らみ始め、
3週間ほど前から葉っぱが出始め、
今ではこのように本格的にもりもりと葉が茂み始めています。

これを眺めて晩酌したいくらいうれしいのです。

日本各地でみられるソメイヨシノは花が先に咲き、そのあと葉がでますが、
野生の桜は、葉が先であったり、葉と花が同時であったりと、
いろんな種類があります。

この子は、昨年害虫の被害にあったので、
花なんかつけず、葉っぱを大きく広げて、
いっぱいいっぱい成長してほしいものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.