2 x 4 : アメリカで一番の感動

2x4の建築

アメリカから戻って2週間ちょい。
今更アメリカネタでごめんなさい、ですが、やっぱり記しておきたくて。
というより、これが一番強烈な印象だったんでしょ??って自分に問い直したのです。
アメリカで本当にたくさんの刺激をもらったのですが、
一番大きな刺激は、「2 x 4」だったのです。

「2 x 4」(ツーバイフォー)って今ではホームセンターで低価格で手に入る材ですが、
これが日本のホームセンターで簡単に買えるようになったときは、
何かと”「2 x 4」で日曜大工”みたいなブームがあったように記憶しています。

その「2 x 4」の本場、アメリカです。
Heystack Mountain Schoolのキャンパスはこの「2 x 4」規格材でできているのです。
デッキから、階段から、建物から、ベンチやら何から何まで、「2 x 4」。
古く傷んできたら、その部分だけ新しいもので交換して。
すんごいおしゃれだったHeystackディレクターのスチュの家でも、
作業台とかは「2 x 4」でできていました。

見せなくてもいいところ、洒落っ気の必要ないところは
「2 x 4」でサクッと作っちゃえばいいんだ。
これでいいんだ。ややこしいことはなしで、こんなんでいいんだ。
そして、これがいいんだ。
そういう新しい発見。

木工を習ってから、ここはこうでなきゃいけない、これはこうあるべきだ、と
結構考えがカチカチに固まってるよなぁ、と自分でも思っていたのですが、
アメリカで一番学んだこと、それは、「これでいいんだ。」というところ。
それを「2 x 4」の使い方から感じました。

これからはいろいろ「2 x 4」でDIYやっていこうかな。
仕事で立派な家具作って、息抜きで「2 x 4」DIYってのもいいですね。
まずは、ウッドデッキをつくりましょー^^
それにしてもこれだけ円高なんだから、もっと破格で売ってくれてもいいのになぁ。

では^^

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.