冬を越えて、春へ

飛騨高山の冬の青空

数週間前に撮った高山の空。
木の枝には真っ白い雪が残り、青い空に浮かぶ雲のよう。

先週あたりから、急激に暖かくなり、
いまだに朝は氷点下まで冷えるものの、
昼間は気温二桁を超える日も出てきました。

長い冬を終え、春はもうすぐそこに、近づいています。

ただ、4年ほど前から大事に大事に育ててきた観葉植物は、
ここの寒さに耐えきれず枯れてしまいました。
ほんと悲しくて、あいつのことを思うと不憫でしかたありません。

しかし、春を待ってましたと言わんばかりに、
青々とした葉っぱを一斉に枝に広げ始めた桜の苗木。
蕾が少しずつ膨らんで、一斉に芽吹かせたこいつの生命力に
すごく勇気づけられたのでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.