森から海へのエール

森から海へのエール

森から海へのエール、というプロジェクトをやります。

震災からもうすぐ1年。もう1年。
たくさんのものを失い、たくさんのものに気づき、本当に大事なものを感じました。
そのリアルな感情は、少しずつ色あせていこうとしています。

でもきっとここでどれだけわが身のこととして、自分の国のこととして考えれるかで、
これから先が大きく変わっていくんじゃないかと思います。

東北から遠く離れた場所にいる僕達は、
自分のことのように日常的に震災という出来事と向き合うことは確かに難しいことです。
それでも、頻繁に東北に通い、ボランティアをしている人たちもいます。

その内の一人で、大学時代からの友人は、
ダイビング仲間とNPO法人三陸ボランティアダイバーズを立ち上げ、
東北の漁業復興支援や海中、海岸、河川の清掃などをしています。

学生時代同じまちづくりを学んでいたその友人は、
3年前、僕が「トヨタを辞め、木工の道へ進む」と言った時、
「じゃあけんじは山をやれ。俺は海をやる。」と言いました。

震災を機に立ち上がり、
多忙を極める中でも、毎週のように東京から東北へ通う彼を少しでも応援したい、
そう思い、このプロジェクトを実行しようと考えました。

森側にいる僕達が、木のフォトフレームを製作・販売し、
その売り上げの半分をNPO法人三陸ボランティアダイバーズに寄付します。
森から海へのエールです。

津波で多くのものが流された時、
人々が探し求めたものは写真でした。

写真はSimplife+にとってもとても大切なものです。
大事な写真をもっと身近に。もっと日常的に。もっと大切に。
そんな思いで、一つ一つ丁寧に作り上げます。

作り手は、Simplife+を中心に、木工家有志。
情報は、このサイトの他に、Twitter、Facebookで発信していきます。
少しでも共感していただけるのであれば、フォローまたは、いいね、をしてください。

Twitter:@morikarayell
Facebookページ:http://www.facebook.com/morikarayell

まだまだ不確定なところが多いプロジェクトですが、
東北のため、日本のため、僕らのため、着実に進めていこうと思います。

よろしくお願いいたします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.