曲げわっぱ

まげわっぱ 摺漆

昨年授業で制作した曲げわっぱを、今年の漆の授業で漆塗りで仕上げました。

何度やっても、どんなに防御して漆かぶれだけは防げず、
梅雨の時期とともに毎年かぶれているような気もしますが、
かぶれに負けず、今年こそは、という思いで挑んでいます。

写真左の楕円は外側、内側ともに摺漆。
ふたの上部にちょっと欠点があったので、
ふたの模様を海とあしらい、その上に浮かぶ月と称して、
その欠点を隠すためにコクソで三日月の模様を入れました。
朔汰に見せると、「おつきさま」と言って理解してくれたのでよかったです。

右側の丸い曲げわっぱの内側は塗りです。
塗りは難しいのかなと思ってましたが、ほこりさえなんとか防げば、
そこそこの出来栄えになることがわかりました。

漆も、やってみると意外に扱いやすいもの。
それもM先生のおかげだと思います。
もっといろいろ塗っていきたいなぁと思います。

これまでのプラスチック弁当箱を脱出して、
やっと、自分で作って自分で塗った曲げわっぱを使えるようになりました。
あぁ、うれしい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.