世にも奇妙なロッキング



さて、Facebookでつながっている方はご存知だと思いますが、
7月、突然右手の人差し指の第1関節が変な角度でがちがちに固まって動かなくなりました。

その日は、
日中ずっと同じ作業をしていて指にもある程度の負荷がかかっていたと思います。
そんな時、集塵機の袋が満杯になっていたので、取り替え用と作業していたら、
指が変に曲がった感触があり、突然動かなくなったのです。

痛みも全くないけれど、とにかくがちがちに動かない。。。
???っていう感じです。

とりあえず、近くの病院に行きましたが、外科の先生は手術中でいないとのこと。
うーん、悩みましたが、やっぱり診てもらったほうがよさそうなので、
自宅近くの整形外科に行きました。
すると、「ロッキング」という症状だということが判明。
靭帯が何かの拍子であるべきところからずれて、関節の間に挟まったり、
骨の突起に引っかかったりして、指が動かなくなるというものだそうです。

通常、麻酔を打って、えいやーってやれば戻ることが多いらしいですが、
僕の場合、その症状がひどいらしく、まったくびくともしないので、
一度精密検査をしたほうがいいということで、赤十字病院へ行くことに。

赤十字では、CTなどとったりして検査したのですが、なんだかんだで大事になっていき、
あれよあれよという間に翌日手術という話になってしまいました。
さっきのさっきまで普通に動いていた指を次の日手術することになるなんて。。。。

で、手術しました。
関節を外して、靭帯の切除と骨の切削をしたようです。

今現在手術から1か月、抜糸も無事終わり傷口はふさがっていますが、
関節はまだまだ動きが硬い感じです。
でもお医者さん曰く、どんどん使いなさい、とのこと。
使うことで関節もすれて動きがスムーズになるらしいです。
3か月ぐらいはかかるとのことですが。

そもそもロッキングというのは、どちらかというと年配の方がなるものらしいです。
えーっと、まだ32歳ですが、老化の現れですかね。。。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.