春の日差しの日曜日、頭がいたい

飛騨高山の雪景色

今日は、なんていう気持ちいい日曜日。
朝から植物の手入れをして、
ここぞとばかりに光を浴びろ!と日当たり良好スポットで移動させました。
ぽかぽかの陽気に植物たちも気持ちよさそうです。

そんな今日、夕方ごろから手をつけたのが、リンクページの作成。
ほんとはWorksのページに作品集みたいのを載せようと考えていたのに、
ふとリンクページを作りたくなり、そっちに没頭してしまいました。
コードとひたすらにらめっこして、あーでもないこーでもないと試行錯誤をくりかえし、
とりあえず見せれる程度にはなりました。

それにしても、こうスクリーンに映るコードを長いこといじってると
ほんと、頭がいたくなります。
アメリカに留学していた時に運営していた留学HPをつくっていたころは
朝から次の朝までぶっとうしでやってたりしましたが、
あれは若さがなせる技だったんですね。。。

ONLY ONEの思い出に

Clix2 Red Line

僕が通っている工房は、家具作りを徹底的な実践教育で教え込むところで、
日々の商品製作に加え、夜の講義が週2回。
季節によっては植林や間伐など森に入っての作業もします。
ここは2年制で、2年間終えると卒業ということになり、
それぞれがそれぞれの道を歩みだします。

3月は別れの時期。
工房でも先輩たちが来週卒業していきます。

僕は得意のギターで当日のパーティーを盛り上げる役目を仰せつかっています。
オリジナルの曲を作ったり、卒業ソングを練習したりと、
なにかと最近忙しい。。。

それでも先輩たちが最高の気持ちで卒業できるよう、
がんばりたいと思います。

淡墨桜の春

桜の芽生え
岐阜県根尾にある国の天然記念物として有名な樹齢1500年の淡墨桜。
本当にその子孫かどうかわかりませんが、昨年淡墨桜を見に行った際に買った苗木。

昨年、夏はアブラムシやカイガラムシに浸食され、
ピンチな状態に陥ったまま冬に突入したのですが、
1月終わりごろから蕾が膨らみ始め、
3週間ほど前から葉っぱが出始め、
今ではこのように本格的にもりもりと葉が茂み始めています。

これを眺めて晩酌したいくらいうれしいのです。

日本各地でみられるソメイヨシノは花が先に咲き、そのあと葉がでますが、
野生の桜は、葉が先であったり、葉と花が同時であったりと、
いろんな種類があります。

この子は、昨年害虫の被害にあったので、
花なんかつけず、葉っぱを大きく広げて、
いっぱいいっぱい成長してほしいものです。

雪桜に心奪われて

雪桜

日本各地で雪が降った今日、
ここ飛騨高山も重たい雪が朝から降り続け、
帰るころには車の上に数10センチ積もっているほど。

そんな中、街中のいたるところに真っ白な桜が。

そう雪桜。

見事です。
心が奪われてしまいました。

久しぶりに寒い中、あいつは

飛騨高山の雪

先週1週間春めいた暖かい日が続いたせいか、
また冬の寒さがやってくると、どうしようもないくらい寒く感じる。
冬まっただ中に比べたら、それでも暖かいほうなのに、
人間の体っていうものは、ほんと不思議でなりません。

暖かくなったり、寒くなったり、
植物も大変だろうなぁ。

実は昨年11月末に種まきした小松菜。
芽吹いたころに真冬に突入し、そのまま大雪に見舞われました。

あまりにもかわいそうなので玄関の中にプランターを入れて、
そのまま越冬です。
寒さのあまり真緑に変色し、葉っぱもぎゅーーっと縮まって、
いかにも寒さに耐えてますってアピールしているような(笑)

先週からまた外に出して、お日様の光を浴びさせているのですが、
これまた、「おっあったけーぞ」とばかりにぐんぐん成長しております。

そんな中また寒くなって。。。

この子たちのことを思うと、かわいそうなんですが、笑えてきます。
この寒さに耐えた分、きっと歯ごたえある甘いやつになってくれるでしょう^^

今月のプレゼント

飛騨高山の職人

今月のプレゼント発表しました。
詳細は、TOPからプレゼントのページへ進んでください。

冬を越えて、春へ

飛騨高山の冬の青空

数週間前に撮った高山の空。
木の枝には真っ白い雪が残り、青い空に浮かぶ雲のよう。

先週あたりから、急激に暖かくなり、
いまだに朝は氷点下まで冷えるものの、
昼間は気温二桁を超える日も出てきました。

長い冬を終え、春はもうすぐそこに、近づいています。

ただ、4年ほど前から大事に大事に育ててきた観葉植物は、
ここの寒さに耐えきれず枯れてしまいました。
ほんと悲しくて、あいつのことを思うと不憫でしかたありません。

しかし、春を待ってましたと言わんばかりに、
青々とした葉っぱを一斉に枝に広げ始めた桜の苗木。
蕾が少しずつ膨らんで、一斉に芽吹かせたこいつの生命力に
すごく勇気づけられたのでした。

新しいSimplife+をよろしくお願いいたします。

思いをギュッと固めて
今までのSimplife+をご存知の方も、
初めて来たという方も、
とにかく数あるブログの中からSimplife+BLOGに来てくださって
ありがとうございます。

これまでSimplife+は別のブログサービスで続けてきましたが、
もっともっと自由にその思い、考えを表現したいな、と思い、HPを作りました。
それを機に、ブログも引越しさせてもらいました。

雪が解け、春の風が吹き、多くの人が新たな出発をするこの季節、
Simplife+も新たな出発です。

ぜひぜひ、これからもSimplife+をよろしくお願いいたします。

*ちなみにこれJUGEMでの初投稿。
 ちょっとどきどきですね。


selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.