岐阜市椿洞産廃不法投棄 住民説明会に出席して

椿洞 産廃不法投棄 住民説明会

僕が住んでいる場所は、周りが山で、目の前が市民公園という恵まれた環境ですが、
一つ大きな負の遺産があります。
それは、全国的にも名が知られることになった産廃不法投棄の現場の近くなのです。
(事件に関しては、改めて説明はしません。
 興味がある方は、椿洞・不法投棄で検索してください。)

5年前から、岐阜市が不法投棄を続けてきた会社に代わって、
途方もない量の産廃を掘り起し、分別し、処理してきました。
その工事が完了したということで、住民説明会に参加してきました。

工事現場の上までいき、
事件発覚から工事の内容、など岐阜市の担当者から説明を受けました。
山の尾根と尾根の間にごみを埋め続け、
写真の向かいの尾根に赤い看板のようなものが見えますが、
そこから写真撮影地点を結んだ高さまですべてごみで埋まっていたそうです。
実際そこに立ってみると、ものすごい量だったということがわかります。
今はきれいに掘り起こされ、元の尾根の形状に造成されています。

しかし、地面は陶器やプラスチック、ビニール、ガラスなどの破片であふれていました。
これは、掘り起こした産廃の中から有害物質を含まないものは
造成のために使われたからだそうです。

どちらにせよ、ここの自然は破壊されたのです。

工事完了お披露目会という内容なので、一通り聞いた説明には、
今後についてがまったく語られませんでした。
なので、担当者に質問をしたところ、
岐阜市ではあくまでもこの工事を担当しただけで、今後については岐阜県が決める、
といった内容の回答でした。

行政に任せておくのもいいことではありません。
この地に住むと決めたからには、見て見ぬふりはできないのです。
真剣に、正面から、この場所と向き合っていこうと思っています。

伊勢旅行

伊勢神宮参り

金曜、土曜の1泊2日で伊勢に旅行に行きました。
旅行いきた〜いと訴え続ける嫁の願いをかなえるために。

初日は鳥羽水族館へ行き、お魚さんやペンギン、アザラシなどなど
水族館でおなじみの水の生き物たちをじっくり見て回りました。
朔汰もセイウチのでかさにビビってたり、ビーバーに興奮したり、ペンギンを追ったり、
きれいな魚に反応したり、地味な魚に無反応だったり、
とにかく館内走り回ったりと、とにかく大はしゃぎでした。

またホテルでも非日常の世界で朔汰は興奮。
その分夜はぐっすり寝てました。

2日目は、夫婦岩でものすごい冷たく強い向かい風のなか歩き、
朔汰は「寒い」という言葉を覚えました。

そのあと、伊勢神宮に行き、おはらい横丁、おかげ横丁をいっぱい散策し、
神宮でしっかりお参りし、とにかく楽しかったです。

一番楽しみにしていた嫁も、満足した様子。
でも2か月に1回は旅行したいね、と言い出しており、
それはそれで困ったものです。

でも、やっぱり家族でのんびりいろんなところに行けるのはいいですね。
結婚する前は毎年、二人で10日間近く青春18きっぷで
あちこち鈍行列車でのんびり旅行してたので、その続きをしたいものです。

ロタから回復して



1週間前に救急にかかってからほぼ1週間、朔汰さんの下痢はようやく収まりました。
もう休むしかない、と思っていた木曜日の発表会、
元気だけは取り戻していたため、急きょ行くことに。
嫁がとってきてくれたビデオを見させてもらいましたが、
あぁかわいい。
大きなカブを抜こうとして、抜けませんでしたよ。

保育園もその発表会の時以外、ずっと休んでいて、
今は、ずっと遊べなかった分、もうはしゃぎっぱなしで、
家に帰るとおもちゃが部屋中にばーーーーーーっと散らかって、
ひとりで歌うたって、走り回って、踊って、笑って。
子供ってほんと単純。その単純さがいいですね。

さて、一方親はというと、僕と嫁、それぞれ朔汰から菌をもらったようで、
僕はひどくはならなかったものの、吐き気を3日間ほど感じてました。
嫁は点滴を打つぐらいひどく、いまだ仕事復帰できてません。

小さい子供がいるとどうしてもこういうサイクルになるのでしょうか。。。
もっと強くいたいものですね。

ウォールナット

ウォールナット

最近購入したウォールナット。
2.7mで幅もそこそこあり、なかなか高価なものです。
でも驚くのは、その素直さです。
ほとんど反り、ねじれもなくすーーっと気持ちよく伸びています。
育った環境も製材・乾燥の技術もよかったんでしょう。

加工すればするほど色濃く、艶やかになっていきます。
こういう木材でものを作るのは気持ちがいいですね。

ノロと朔汰



金曜日の夜から下痢をしだした朔汰。
夜もおなかが痛いのか、寝てはすぐ起きてを繰り返し、
夜中1時に、大量嘔吐。

急きょ、救急病院へ連れていき、診てもらいましたが、
ノロウィルスによるものだということが判明しました。

それからというもの、ひどい下痢症状が続き、
朔汰もおなかも痛いし、お尻も痛いしで、横になっていても辛い様子。
そして今日になって熱も出てきました。
微熱がずっと続いてますが、時折38度後半へ急上昇します。

母ちゃん、父ちゃんは早く治ってくれーと願うばかりです。


selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.