0.1秒の違い

焼印の0.1秒

オークヴィレッジの人気商品、寄木の積木はいろんな種類の木を使っていて、
それぞれのパーツが何の木かわかるように、ひらがなで焼印がしてあります。
無塗装なので、子供は目で見て、肌で触れて、匂いを嗅いで、
その違いを感じ、そしてその木の名前を覚えることができるのです。

今日はその焼印をひたすら押していたのですが、
これはほんと難しいんですね。慣れてしまえばいいんですが、
最初のうちは、色の濃さ、文字の太さが定まりません。

木地色の違いや、斑とよばれる木の模様だったり、木そのものの温度であったり、
同じ木でも1個1個、個性があるため、押し加減や時間を瞬時に調整します。

家にあるSimplife+の焼印とは違い、
工房のものは温度も高く一瞬の違いで大きく見栄えが変わります。

それでも、この積木を買った子はこれで何をつくるんだろうなぁと
想像の世界に浸りながら、押し続けるのでした。

0.1mmの気持ち

木工の0.1mmの気持ち

写真のもとは違うのですが、
今、工房で担当しているのが積木。
1000個近い数を作っているのですが、
それだけの数をやっていると、最初のミスが大きく跳ね返ってきます。

今日は、積木の面取りをしていたのですが、
仕様で決められている面の幅に対し、
0.1mm、0.2mmほど小さくとってしまっていたのです。
9割5分終わったあたりで、面が小さいからすべてやり直せと指示され、
ほぼ一日かけてやってきた作業を一からやり直し。

最初のセッティングのミスが大きく跳ね返ってきました。

とにかく、急がなくては、との思いで、スピードを上げ一心不乱に作業していた時、
注意がそれ、一瞬の気の緩みで怪我をしてしまいました。
高速回転しているのこぎりの刃に指が触れたのです。

幸い、積木の面を取るセッティングで刃自体もそんなに露出していなかったため、
指の先のほんの少し切った程度だったのですが、
もしこれががっつり刃を出してやる作業だったら、と思うとぞっとします。

木工の世界ではこの0.1mmで善し悪しが決まる事が多々あり、
ほとんどが感覚に依存します。
それが奥深さであり面白さでもあるのですが、
一瞬の気の緩みで大けがをするという怖い世界です。

今回は軽傷ですみましたが、
いろんな意味で我に返った出来事でした。

冬を越えて、春へ

飛騨高山の冬の青空

数週間前に撮った高山の空。
木の枝には真っ白い雪が残り、青い空に浮かぶ雲のよう。

先週あたりから、急激に暖かくなり、
いまだに朝は氷点下まで冷えるものの、
昼間は気温二桁を超える日も出てきました。

長い冬を終え、春はもうすぐそこに、近づいています。

ただ、4年ほど前から大事に大事に育ててきた観葉植物は、
ここの寒さに耐えきれず枯れてしまいました。
ほんと悲しくて、あいつのことを思うと不憫でしかたありません。

しかし、春を待ってましたと言わんばかりに、
青々とした葉っぱを一斉に枝に広げ始めた桜の苗木。
蕾が少しずつ膨らんで、一斉に芽吹かせたこいつの生命力に
すごく勇気づけられたのでした。

新しいSimplife+をよろしくお願いいたします。

思いをギュッと固めて
今までのSimplife+をご存知の方も、
初めて来たという方も、
とにかく数あるブログの中からSimplife+BLOGに来てくださって
ありがとうございます。

これまでSimplife+は別のブログサービスで続けてきましたが、
もっともっと自由にその思い、考えを表現したいな、と思い、HPを作りました。
それを機に、ブログも引越しさせてもらいました。

雪が解け、春の風が吹き、多くの人が新たな出発をするこの季節、
Simplife+も新たな出発です。

ぜひぜひ、これからもSimplife+をよろしくお願いいたします。

*ちなみにこれJUGEMでの初投稿。
 ちょっとどきどきですね。


selected entries

categories

recent comment

  • ひとつ年をとりました。
    Ke-ji
  • ひとつ年をとりました。
    mika
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Ke-ji
  • 森から海へのエールを続ける理由
    Saki
  • いつまで続くこのかわいさ
    Ke-ji
  • いつまで続くこのかわいさ
    ココママ
  • いつまで続くこのかわいさ
    さおり
  • いつまで続くこのかわいさ
    elephantkadowaki
  • 作業台づくり
    soh
  • 朔汰 2歳になりました。
    Ke-ji

archives

OLD BLOG

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.